★一日自動車保険が学生に人気の理由★

一日自動車保険は1日単位で補償がかけられる商品として東京海上日動から始めて発売されました。補償内容としては、他人の車を運転することになった場合でも事故等で通常の自動車保険と同等に補償してもらえるメリットがあります。一日自動車保険は1日から加入できる使い勝手の良さと1日500円という安さで注目されています。ただし、今では多くの方が利用しており、特に20代の学生に人気が高いようです。学生は免許取り立なうえ、経済的に親から独立していないことからマイカーを所有していない傾向にあります。したがって、他人の車を運転する機会が多いことも加入する要因となっています。大学生の場合は、友人同士でドライブに行くことも多く、他人の車を運転する機会は社会人よりは多いです。また、帰省した際に親の車を借りて運転するケースも多く、こういった場合に一日自動車保険が大活躍します。もちろん、親などの車を運転する際に、親が運転者の範囲を限定していなければ、仮に事故に遭っても親が加入している自動車保険で補償が行われます。ただし、その場合は等級が下がるという問題点が生じてしまうのです。等級が下がると翌年度の自動車保険の料金が値上がってしまうです。自分のトラブルによって親や友人に迷惑をかけるのも悪いので、この場合は一日自動車保険に加入しておくと安心です。また、一日自動車保険で使用したとしても、通常の自動車保険の等級には影響がないので使い分ける人もいます。大学生が一日自動車保険に加入して無事故であれば、車を将来に購入して自動車保険に加入する場合に保険料の割引が受けられるメリットもあります。ただし、一日自動車保険に加入する場合、何点か注意することがあります。まず、一日自動車保険は、大手通信キャリア系のスマホからの申込が原則となっています。したがって、格安スマホなどを利用している場合は、コンビニから加入できる1day保険がおすすめです。またスマホが親名義となっている場合は、2親等以内のケータイからでも加入できるちょいのり保険がおすすめです。車を運転するということは、事故のリスクがあるということです。ちょっと運転するから必要ないと思わず、一日自動車保険を上手く利用してもしもに備えましょう。

一日自動車保険